オカンTECH

全国のオカンのITリテラシーを底上げだ!

f:id:beaber:20210920161720p:image
\Amazon本日のタイムセール会場

モバイルルーター「Huawei W06」をQi化してみる【WiMAX】

 


結論:効率厨やミニマリストにはおすすめ。ただし、レシーバーの反応範囲がかなり限られているため、置く場所に慣れるまでは逆に効率悪くなる。かも。

 

3月の引っ越しを期にGMOとくとくBB@wimaxに契約しました。

ルーター(ポケットWi-Fi)はHuawei製W06を使用していて、外出する時は常に持ち歩く運用をしています。

その都度USB Type-Cケーブルを取り外すのが億劫だったため、Qi(ワイヤレス充電)化してみました。 

 

※こちらの記事を存分に参考にさせていただきました。

【WiMAX】WX05をワイヤレス充電化(qi)計画|オラサー

 

 

Qiワイヤレスレシーバーシート

W06のQi化にはNillkinのレシーバーシートを使用。

W06に合わせるならケーブルの長さは短タイプがマストですね。

 

 

f:id:beaber:20200404010231j:image

 

f:id:beaber:20200404010227j:image

 

ツヤがあって思ったよりも安っちくない。

印字されてている「DISCOVER INNOVATION」がギリギリダサイ。

 

 

 

 f:id:beaber:20200404012932j:plain

 

装着。折り曲げてもはみ出るが、想定内。 

 

 

 

f:id:beaber:20200404012954j:plain

 

横から見たらこんな感じ。
折り曲げたことで奥行きが出ています。

 

 

Qiワイヤレス充電機能付きLEDデスクライト

続いて、今回は充電器がわりにTao TrononicsのLEDデスクライトを購入。

Qiワイヤレス充電機能、背面にUSBポートが1つ、そしてライトとしての3役をこなす超絶優秀な子。

 

  

 

f:id:beaber:20200404010341j:image

 


f:id:beaber:20200404010239j:image

開けたところ。

Amazonのレビューにもあるが、ACアダプタがややデカイです。

(W06より1回り〜1.5回りくらい小さいサイズ感です。)

 

合体!


f:id:beaber:20200404010235j:image

 

置いてみた。

ライトもルーターも光った。

 

 


f:id:beaber:20200404010251j:image

 

右上のバッテリーマークがしっかり充電中になっています。

Qi感動です。

 

・・・と思いきや

反応した場所からルーターが少しズレると充電中じゃなくなります。

AirPods Proでも充電を試してみましたが、こちらは広い範囲で充電してくれるので、

おそらくレシーバー側の問題だと思います。

 

レシーバーが1発で反応してくれさえすれば

帰宅してライトの上に乗せるだけなので、快適です!

 

ステップ別 オカンのIT力向上

ステップ1
ステップ2
ステップ3

人気記事

f:id:beaber:20210613114020p:plain

【運営10か月】WordPressからはてなブログに戻した理由【収益5桁】

新着記事
オカンTECH

全国のオカンのITリテラシーを向上だ!

プライバシーポリシー
広告関係のお問合せはこちら

©️ 2021 オカンTECH Powered by Hatena Blog